理想と現実の差

理想と現実の差

理想と現実の差

結婚できない!という人の理想を聞くと、本当にはるか雲の上という理想を掲げる人がいます。男性の場合、かわいくて、スタイルが良くて、お料理が上手で、気が利いて・・・なんていっています。

はっきり言っておきましょう。100%完璧な女性はいません。何かしら欠点を持っています。男性も同じこと。本当に理想!と思っていても、本当にそうか?といえば、確実に、理想でない部分を持っているはずです。

結婚というのは、妥協という人がいますね。それも違います。きっと、そういう方が、性格の不一致、とかいってうまくいかない、ということになるのだ、と思います。

人を好きになる、という時、理想に近い人を好きになると思いますが、その人、100%でした?違いますよね。何か、どこか、100%ではない、という部分を持っているはずです。

私は、こう思っています。であった人が理想になるかどうか、と。理想の人を探しにいく、というのではなく、その人が、理想の人になるかな?という考え方です。

私の主人は、理想。でも、最初から理想ではありませんでした。最初は、何だこの人? でも、相手を理解しようと思った時から、感情が変化していったのです。理解してみたら、理想に近いぞ?あれ?こういう面も持っているんだ。

そう。相手を知ることです。そう考えると、第一印象で理想って、本当に数少ないって思うのです。理想は現実。そう思って、相手を理解してみてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional